事業内容

金型製造

最新鋭の工作機械による多軸制御加工から、汎用機械による職人の嵌合技術によって、高精度・高品質・高寿命なものづくりを実現します。

 
主要設備概要
NC旋盤
18台
マシニングセンター
19台
NC放電加工機
21台
NCワイヤー放電加工機
20台
ポリゴン研削盤
2台
平面研削盤
14台
円筒研削盤
28台
内面研削盤
10台
工具研削盤
1台
プレス機(焼嵌、圧入用)
3台
ラップ機(自社製)
30台
鏡面研磨機
5台
 
熱処理
鋼が最高の特性を発揮するために、独自の熱処理ノウハウを蓄積してきました。
当社では、各鋼材に最適な熱処理を施してご提供させていただいております。
 


 
設 備
真空熱処理炉(200kg)
2台
真空熱処理炉(50kg)
1台
真空熱処理炉(100kg)
2台
大気炉
3台
ラップ
当社では創業以来,磨きの技術に拘り続け、長年培ってきた職人技能をベテラン社員より若手社員に伝承し、現在に受け継がれています。妥協を許さない卓越した伝統の技能「匠の技」こそがオンリーワンを目指す当社の絶対の強みです。

 
直彫り加工への取組み
金型製造で不可欠とされる形彫り・ワイヤー放電加工をできるだけ研削や切削に置き換えるいわゆる直彫り加工に積極的に取組んでおります。形彫り・ワイヤー放電加工では金型表面に形成される脆弱な放電溶融層を除去する工程、放電用電極作成等によってリードタイムが長くなってしまいます。当社では形彫り・ワイヤー放電加工を必要最小限とし、ハイス、超硬合金を問わずに、自社開発の工具と最新の多軸研削盤や多軸マシニングセンターによる直彫り加工に取組んでおります。
Copyright ©2017 Wadayamaseiki. All rights reserved.